社会情報学研究室

広島大学大学院工学研究科
社会情報学研究室(西崎・林田・関崎研究室)


in English

研究室内限定

発表・受賞歴(学生分)

2017

    発表
  1. 水口 拓也, 林田 智弘, 山本 透, 木下 拓矢, 西崎 一郎, 関崎 真也, “RNN を用いたオフライン学習に基づくパフォーマンス駆動型制御系の提案,” 2017年 日本オペレーションズ・リサーチ学会 中国・四国地区 SSOR アブストラクト集 pp. 43-44, (2017).
  2. 古見 耕次郎, 西崎 一郎, 林田 智弘, 関崎 真也, “サプライチェーンにおける共同生産に対するゲーム論的考察,” 2017年 日本オペレーションズ・リサーチ学会 中国・四国地区 SSOR アブストラクト集 pp. 41-42, (2017).
  3. 枡見 慎也, 関崎 真也, 西崎 一郎, 林田 智弘, “太陽光発電システム導入時の配電系統電圧管理を目的とした需要家に対するプライシングの解法,” 2017年 日本オペレーションズ・リサーチ学会 中国・四国地区 SSOR アブストラクト集 pp. 51-52, (2017).
  4. 安達 奨悟, 関崎 真也, 西崎 一郎, 林田 智弘, “自律エージェントを用いた電力市場シミュレータの構築,” 2017年 日本オペレーションズ・リサーチ学会 中国・四国地区 SSOR アブストラクト集 pp. 45-46, (2017).
  5. 山本 浩之, 林田 智弘, 西崎 一郎, 関崎 真也, “意思決定者の選好を考慮した対話型多目的強化学習手法の開発," 2017 IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手研究会講演論文集, pp. 39-42 (2017).
  6. 石川 裕也, 林田 智弘, 西崎 一郎, 関崎 真也, “Deep Belief Network の構造最適化手法の改良," 2017 IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手研究会講演論文集, pp. 56-60 (2017).
  7. 西山 翔悟, 関崎 真也, 西崎 一郎, 林田 智弘, “利得配分に基づいたアグリゲータの市場戦略とデマンドレスポンス参加者の協力構造の分析," 2017 IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手研究会講演論文集, pp. 87-90 (2017).
受賞
  1. 日本オペレーションズ・リサーチ学会中国・四国支部長賞, 長谷川 智治, 2017.

2016

    発表
    1. 松田 智裕, 林田 智弘, 西崎一郎, 関崎 真也, “被験者実験におけるネットワーク形成過程に関する逆強化学習に基づく分析," 平成28年度 日本知能情報ファジィ学会中国・四国支部大会講演論文集, pp. 53-58, (2016).
    2. 趙思蒙, 林田 智弘, 西崎一郎, 関崎 真也, “クラスタリングを用いた粒子群最適化手法の改良," 平成28年度 日本知能情報ファジィ学会中国・四国支部大会講演論文集, pp. 59-64, (2016).
    3. Tomoharu Hasegawa, Tomohiro Hayashida, Ichiro Nishizaki, and Shinya Sekizaki, “Agent-Based Simulation of Trust Games for Communication and Information,” 2016 IEEE 9th International Workshop on Computational Intelligence & Applications Proceedings (IWCIA 2016), Hiroshima, Japan, pp. 107–112 (2016).
    4. 植原 健太郎, 関崎 真也, 西崎 一郎, 林田 智弘, "需要家の応答を考慮した小売業者の電力取引戦略の解," 平成28年度 (第67回) 電気・情報関連学会中国支部連合大会, R16--07--05, (2016).
    5. 田中 僚, 関崎 真也, 西崎 一郎, 林田 智弘, "時変データを考慮した配電系統構成多目的最適化に関する一検討," 平成28年度 (第67回) 電気・情報関連学会中国支部連合大会, R16--07--07, (2016).
    6. 長谷川 智治, 林田 智弘, 西崎 一郎, 関崎 真也,“エージェント間のコミュニケーションを考慮した信頼ゲームにおける行動分析のためのシミュレーション,” 日本オペレーションズ・リサーチ学会・2016年春季研究発表会アブストラクト集, pp. 275-276 (2016).
    7. 幸 哲也, 林田 智弘, 西﨑一郎, 関崎 真也, “エイリアス状態を含む連続値環境に適用可能なクラシファイアシステムの開発," 2016 IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手研究会講演論文集, pp. 67-70 (2016).
    8. 大石 竜平, 関崎 真也, 西崎 一郎, 林田 智弘, “家庭用機器群に対する需要家の選好学習型スマートHEMSの開発," 2016 IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手研究会講演論文集, pp. 56-60 (2016).
    9. 田中 健太, 西崎 一郎, 林田 智弘, 関崎 真也, “ネットワーク上の線形生産計画ゲームの解とその公理," 2016 IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手研究会講演論文集, pp. 49-51 (2016).
    10. 西山 翔悟, 関崎 真也, 西崎 一郎,林田 智弘, “協力ゲームの枠組みに基づいた需給バランス維持に関する考察," 2016 IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手研究会講演論文集, pp. 33-37 (2016).
    受賞
    1. 電気学会中国支部 奨励賞 (2016), 植原 健太郎, 関崎 真也, 西崎 一郎, 林田 智弘, "需要家の応答を考慮した小売業者の電力取引戦略の解," 平成28年度 (第67回) 電気・情報関連学会中国支部連合大会, R16--07--05, (2016).

2015

    発表
    1. Kentaro Uehara, Shinya Sekizaki, Ichiro Nishizaki and Tomohiro Hayashida, “A study for retailer’s risk hedge considering responses of consumers in electricity deregulation,” 2015 IEEE 8th International Workshop on Computational Intelligence & Applications Proceedings (IWCIA 2015), Hiroshima, Japan, pp. 167–172 (2015).
    2. Ryo Tanaka, Shinya Sekizaki, Ichiro Nishizaki and Tomohiro Hayashida, “The multiobjective optimization of distribution system management in deregulated electricity market,” 2015 IEEE 8th International Workshop on Computational Intelligence & Applications Proceedings (IWCIA 2015), Hiroshima, Japan, pp. 155–160 (2015).
    3. 長谷川 智治, 林田 智弘, 西崎 一郎, 関崎 真也, “信頼ゲームに関するエージェントベースシミュレーション, ” 第 20 回日本知能情報ファジィ学会中国・四国支部大会講演論文集, pp.49–50 (2015).
    4. 田中 僚, 関崎 真也, 西崎 一郎, 林田 智弘, “電力小売全面自由化における配電系統構成多目的最適化,” 2015 IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手研究会講演論文集, pp. 65–68 (2015).
    5. 植原 健太郎, 関崎 真也, 西崎 一郎, 林田 智弘, “電力自由化における需要家の応答を考慮した小売業者のリスクヘッジに対する一検討,” 2015 IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手研究会講演論文集, pp. 15–18 (2015).
    6. 武内 宏明, 林田 智弘, 西崎 一郎, 関崎 真也, “迷路問題におけるエイリアス状態識別とクラシファイアシステムの改良,” 第 16 回日本知能情報ファジィ学会九州支部学術講演会・第 19回日本知能情報ファジィ学会中国・四国支部大会合同支部大会予稿集, pp. 89–92 (2015).
    7. 松田 智裕, 林田 智弘, 西崎 一郎, 関崎 真也, “間接支配に基づく安定集合の解概念を用いたネットワーク形成における被験者の行動分析,” 第 16 回日本知能情報ファジィ学会九州支部学術講演会・第 19 回日本知能情報ファジィ学会中国・四国支部大会合同支部大会予稿集, pp.79–80 (2015).
    受賞
    1. IEEE SMC Hiroshima Chapter Young Researcher Award (2015),Kentaro Uehara, Shinya Sekizaki, Ichiro Nishizaki and Tomohiro Hayashida, “A study for retailer’s risk hedge considering responses of customers,” 2015 IEEE SMC Hiroshima Chapter Young Researchers’ Workshop 講演論文集, pp. 15–18 (2015).
    2. 日本知能情報ファジィ学会中国四国支部 奨励賞 (2015),長谷川 智治, 林田 智弘, 西崎 一郎, 関崎 真也, “信頼ゲームに関するエージェントベースシミュレーション, ” 第 20 回日本知能情報ファジィ学会中国・四国支部大会講演論文集, pp.49–50 (2015).

2014

    発表
    1. Shunsuke Koto, Tomohiro Hayashida, Ichiro Nishizaki and Shinya Sekizaki, “Agent-based simulation analysis for networks formation using PSO,” 2014 IEEE 7th International Workshop on Computational Intelligence & Applications Proceedings (IWCIA 2014), Hiroshima, Japan, pp. 159–163 (2014).
    2. 古東 俊介, 林田 智弘 西崎 一郎, 関崎 真也, “PSO を用いたネットワーク形成に関するエージェントベースシミュレーション分析,” 2014 IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手研究会講演論文集, pp. 121–124 (2014).
    3. 西田 昌憲, 林田 智弘, 西崎 一郎, 関崎 真也, “ニューラルネットワークの構造最適化と SOMを用いた学習用データの選定手法の提案,” 2014 IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手研究会講演論文集, pp. 117–120 (2014).
    4. 江原 綾, 西崎 一郎, 林田 智弘, 関崎 真也, “消費者のデマンドレスポンスを考慮した電力小売価格の最適設定, ” 平成 26 年 電気学会全国大会講演論文集 DVD-ROM,No.6-016,pp.29–30(第 6 分冊) (2014).
    5. 中司 桂一, 林田 智弘, 西崎 一郎, 関崎 真也, “クラシファイアシステムを用いた日本の電力市場に関するシミュレーション分析,” 日本オペレーションズ・リサーチ学会・2014 年春季研究発表会アブストラクト集, pp.10–11 (2014).
    受賞
    1. 日本知能情報ファジィ学会中国四国支部 奨励賞 (2014), 小笠原 祐輝, 西崎 一郎, 林田 智弘, “多属性効用分析に基づくニューラルネットワークを用いた集団意思決定手法,” 第 18 回日本知能情報ファジィ学会中国・四国支部大会,第 15 回日本知能情報ファジィ学会九州支部学術講演会 合同大会予稿集, pp. 63–66 (2013)

2013

    発表
    1. 小笠原 祐輝, 西崎 一郎, 林田 智弘, “多属性効用分析に基づくニューラルネットワークを用いた集団意思決定手法,” 第 18 回日本知能情報ファジィ学会中国・四国支部大会,第 15 回日本知能情報ファジィ学会九州支部学術講演会 合同大会予稿集, pp. 63–66 (2013).
    2. 桃田 翔平, 林田 智弘, 西崎 一郎, “ネットワーク形成に関する被験者実験と試行錯誤を考慮した関連戦略に基づく行動分析,” 2013 IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手研究会講演論文集, pp. 110–112 (2013).
    3. 浅田 良平, 林田 智弘, 西崎 一郎, “最短経路発見問題のための ACSM の改良,” 2013 IEEESMC Hiroshima Chapter 若手研究会講演論文集, pp. 95–98 (2013).
    4. 酒戸 亮典, 林田 智弘, 西崎 一郎, “POMDP におけるエイリアス状態識別のためのクラシファイアシステムの改良,” 2013 IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手研究会講演論文集, pp.21–24 (2013).

2012

    発表
    1. Qingqiang Guo, Hideki Katagiri, Ichiro Nishizaki and Tomohiro Hayashida, “A hybrid algorithm based on memetic algorithm and tabu search for k-minimum spanning tree problems,” International MultiConference of Engineers and Computer Scientists 2012 Vol II, IMECS 2012, Hong Kong, March 13–16, Proceedings, O. Castillo, C. Douglas, D.D. Feng and J.-A. Lee (eds.), IAENG, pp. 1611–1616, CD-ROM, (2012).
    2. 瀬尾 芙巳子, 西崎 一郎, 林田 智弘, 吉岡 伸晃, 今井 光洋, “多属性効用分析のための意思決定支援アプリケーションの開発および改良,” 日本オペレーションズ・リサーチ学会・2012 年秋季研究発表会アブストラクト集, pp. 226–227 (2012).
    3. 大見 正和, 西崎 一郎, 林田 智弘, “強意選好関係に基づく多属性効用関数,” 日本オペレーションズ・リサーチ学会・2012 年秋季研究発表会アブストラクト集, pp. 4–5 (2012).
    4. 酒戸 亮典, 林田 智弘, 西崎 一郎, “非マルコフ環境におけるエイリアス状態識別のためのACS2 の改良,” 2012 IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手研究会講演論文集, pp. 111–114 (2012).
    5. 佐伯 幸治, 林田 智弘, 西崎 一郎, “最終提案ゲームにおける利得配分の不公平性を考慮したマルチエージェントシミュレーション,” 2012 IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手研究会講演論文集, pp. 105–108 (2012).
    6. 江原 綾, 林田 智弘, 西崎 一郎, “地方自治体による植物工場普及のための農業政策の多目的評価,” 2012 IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手研究会講演論文集, pp. 75–78 (2012).
    受賞
    1. IEEE SMC Hiroshima Chapter Young Researcher Award (2012),Ryosuke Sakato, Tomohiro Hayashida and Ichiro Nishizaki, “Development of ACS2 with Memory for Non-Markov Environments,” 2012 IEEE SMC Hiroshima Chapter Young Researchers’ Workshop 講演論文集, pp. 111–114 (2012).

2011

    発表
    1. 郭 慶強, 片桐 英樹, 西崎 一郎, 林田 智弘, “最小 k-部分木問題に対する厳密解法とメタ戦略に基づくハイブリッド近似解法,” 2011 年日本知能情報ファジィ学会中国四国研究会予稿集,pp. 27–34 (2011).
    2. 石平 大祐, 林田 智弘, 西崎 一郎, “ネットワーク形成における被験者の行動規則抽出のためのZCS を用いたシミュレーション,” 2011 IEEE SMC Hiroshima Chapter Young Researchers’ Workshop 講演論文集, pp. 25–26 (2011).
    3. 郭 慶強, 片桐 英樹, 西崎 一郎, 林田 智弘, “最小 k-部分木問題に対する Memetic アルゴリズムとタブー探索法に基づくハイブリッド近似解法,” 2011 IEEE SMC Hiroshima Chapter Young Researchers’ Workshop 講演論文集, pp. 7–10 (2011).
    受賞
    1. IEEE SMC Hiroshima Chapter Young Researcher Award (2011), Qingqiang Guo, Hideki Katagiri, Ichiro Nishizaki and Tomohiro Hayashida, “A hybrid algorithm on memetic algorithms and tabu search for k-minimum spanning tree problems,” 2011 IEEE SMC Hiroshima Chapter Young Researchers’ Workshop 講演論文集, pp. 7–10 (2011).

2010

    発表
    1. 中川 匡人, 西崎 一郎, 林田 智弘, “第一価格オークションにおける入札行動予測モデル,” 第15 回日本知能情報ファジィ学会中国・四国支部大会論文集, pp. 31–34 (2010).
    2. 森分 啓太, 西崎 一郎, 林田 智弘, “非マルコフ環境のための利得監視型内部メモリー付きクラシファイアシステムの構築,” 第 15 回日本知能情報ファジィ学会中国・四国支部大会論文集, pp. 27–30 (2010).
    3. 神原 李佳, 林田 智弘, 西崎 一郎, “相関均衡の解概念に基づくネットワーク形成に関する数理モデルの構築,” 第 15 回日本知能情報ファジィ学会中国・四国支部大会論文集, pp. 23–26 (2010).
    4. 藤田 博, 西崎 一郎, 林田 智弘, “協調ゲームにおける均衡選択に関するシミュレーション分析,” 第 26 回ファジィシステムシンポジウム講演論文集, CD-ROM, pp. 1018–1023 (2010).
    5. 和田 紘輝, 西崎 一郎, 林田 智弘, “社会的協調ゲームにおけるネットワーク形成に関する間接的な相互作用を考慮したナッシュ均衡解,” 第 26 回ファジィシステムシンポジウム講演論文集, CD-ROM, pp. 1012–1017 (2010).
    6. 後藤 嵩允, 林田 智弘, 西崎 一郎, 片桐 英樹, “流行の影響を考慮した商品販売戦略に関するエージェントベースシミュレーション分析,” 第 26 回ファジィシステムシンポジウム講演論文集, CD-ROM, pp. 578–583 (2010).
    7. 菅生 雄矢, 西崎 一郎, 林田 智弘, “ムカデゲームにおける被験者実験の行動分析のためのエージェントベースシミュレーション,” 第 26 回ファジィシステムシンポジウム講演論文集,CD-ROM, pp. 572–577 (2010).
    8. 郭 慶強, 片桐 英樹, 西崎 一郎, 林田 智弘, “最小 k-部分木問題に対するタブー探索に基づくmemetic アルゴリズム,” 第 26 回ファジィシステムシンポジウム講演論文集, CD-ROM, pp.560–565 (2010).
    9. 木村 友亮, 西崎 一郎, 林田 智弘, “製品の段階的な規制導入のタイミングに関する最適化問題,” 第 26 回ファジィシステムシンポジウム講演論文集, CD-ROM, pp. 530–533 (2010).

2009

    発表
    1. Rika Kambara, Tomohiro Hayashida, Ichiro Nishizaki and Hideki Katagiri, “Agent–based simulation analysis for network formation,” 5th International Workshop on Computational Intelligence & Applications Proceedings (IWCIA 2009), Hiroshima, Japan, pp. 137–142 (2009).
    2. Keita Moriwake, Hideki Katagiri, Ichiro Nishizaki and Tomohiro Hayashida, “An evolutionary multi-objective optimization-based constructive method for learning classifier systems adjusting to non-Markov environments,” 5th International Workshop on Computational Intelligence & Applications Proceedings (IWCIA 2009), Hiroshima, Japan, pp.132–136 (2009).
    3. Junya Hirai, Hideki Katagiri, Ichiro Nishizaki and Tomohiro Hayashida, “A semantic similarity measurement method based on information quality in the structure of the gene ontology,” 5th International Workshop on Computational Intelligence & Applications Proceedings (IWCIA 2009), Hiroshima, Japan, pp. 117–121 (2009).
    4. 神原 李佳, 林田 智弘, 西崎 一郎, 片桐 英樹, “エージェントベースシミュレーションシステムを用いたネットワーク形成における被験者の非短絡的意思決定構造に関する分析,” 第 14回日本知能情報ファジィ学会中国・四国支部大会論文集, pp. 25–28 (2009).
    5. 中川 匡人, 西崎 一郎, 片桐 英樹, 林田 智弘, “オークション分析のためのエージェントベースシミュレーション,” 第 14 回日本知能情報ファジィ学会中国・四国支部大会論文集, pp. 21–24 (2009).
    6. 森分 啓太, 片桐 英樹, 西崎 一郎, 林田 智弘, “進化型多目的最適化手法に基づく非マルコフ環境下でのクラシファイアシステムの構築,” 第 2 回日本知能情報ファジィ学会中国・四国支部研究会論文集, pp. 27–30 (2009).

2008

    発表
    1. Jun Ishimatsu, Hideki Katagiri, Ichiro Nishizaki and Tomohiro Hayashida, “An approximate solution method based on tabu search for k-minimum spanning tree problems,” Fourth International Workshop on Computational Intelligence and Applications Proceedings (IWCIA 2008), Hiroshima, Japan, pp. 159–164 (2008).
    2. 永野 哲夫, 西崎 一郎, 片桐 英樹, 林田 智弘, “マーケットエントリーゲームにおける被験者の学習および行動学的ルールの分析,” 第 2 回日本知能情報ファジィ学会中国・四国支部研究会論文集, pp. 37–40 (2008).
    3. 門間 崇倫, 片桐 英樹, 西崎 一郎, 林田 智弘, “学習誤差を重視した進化型多目的最適化手法に基づくリカレントニューラルネットワークの構造最適化,” 第 2 回日本知能情報ファジィ学会中国・四国支部研究会論文集, pp. 33–36 (2008).
    4. 大丸 貴裕, 片桐 英樹, 西崎 一郎, 林田 智弘, “企業のプロモーション活動を考慮したマーケティング戦略に関するエージェントベースシミュレーション分析,” 平成 20 年度電気・情報関連学会中国支部大会アブストラクト集, CD-ROM, pp. 385–386 (2008).
    5. 石松 淳, 片桐 英樹, 西崎 一郎, 林田 智弘, “最小 k-部分木問題に対するタブー探索法を用いた近似解法の改良,” 第 1 回日本知能情報ファジィ学会中国・四国支部研究会論文集, pp. 4–7 (2008).
    受賞
    1. Merit Paper Award at the Student Session Forth International Workshop on Computational Intelligence and Applications (2008), Jun Ishimatsu, Hideki Katagiri, Ichiro Nishizaki and Tomohiro Hayashida, “An approximate solution method based on tabu search for k-minimum spanning tree problems,” Fourth International Workshop on Computational Intelligence and Applications Proceedings (IWCIA 2008), Hiroshima, Japan, pp. 159–164 (2008).

2007

    発表
    1. 門間 崇倫, 西崎 一郎, 片桐 英樹, 林田 智弘, “マルチモジュールニューラルネットワークを用いた自動車駆動システムのシミュレーションモデルの構築,” 第 12 回日本知能情報ファジィ学会中国・四国支部大会 講演論文集, pp. 46–49 (2007).
    2. 原 憲行, 西崎 一郎, 片桐 英樹, 林田 智弘, “社会的協調ゲームにおける通信コストを考慮したネットワーク形成,” 第 12 回日本知能情報ファジィ学会中国・四国支部大会 講演論文集, pp. 44–45 (2007).


ページのトップへ戻る